ねずみの害 ねずみ駆除方法

 

ねずみの害

ねずみの駆除を考える時には、ねずみの害ということについても考えておく必要があります。
ねずみが人間に対して害を及ぼさないのであれば、駆除する必要はないからです。

もちろん、気持ちが悪いということも害の一つかもしれません。
ねずみの害として一番に考えられることは、食中毒などの原因となる細菌をばらまいてしまうということです。

 

 

ねずみの尿や糞と言った排泄物にはサルモネラ菌などがいることが多いのです。
それらが食べ物に交じると大変なことになってしまいます。

またねずみにはイエダニが寄生している場合があります。
ダニが布団や畳に侵入すれば当然ながらかゆくてたまらないということになってしまいます。

 

 

このように衛生上の害はたくさんあります。
それから衛生上の問題ではない害もあります。

まずは家具や柱などをかじって穴を開けてしまうということです。
昔の家であれば、よくねずみの穴が開いていたものです。

 

 

それだけでも大きな損害と言えます。
ガス管や電線をかじると、損害と言うよりも危険が降りかかることにもなります。

電線をかじられたために漏電で火災になったりしたら大変なことです。
ガス管も同じことです。

 

 

生命の危険さえあると言えます。
このように考えますと、ねずみという動物はかなりの害を与えるものであると考えてよいでしょう。

単に気持ちが悪いからということではなく、駆除の対象として考えていかなければなりません。
トムとジェリーのように冗談半分でネズミ退治をするということでは済みません。

駆除をするからには二度と棲みつかせないような徹底した対策が必要になるのです。

 


inserted by FC2 system